『シングル マザー 親 の 助け なし』離婚してシングルマザーになることを親族から猛反対されています。




離婚してシングルマザーになることを親族から猛反対されています。母子家庭って、周りの親族の助けがなければ、なにをどうやっても無理なことですか?

両親は、子どももいるのに離婚なんて絶対反対!!って感じだし、

兄妹は、1人で育てていくなんて正気の沙汰じゃない、できることはしてあげたいけど、離婚は良い選択じゃないっていう意見です。最終的には、母子家庭は本当に大変なことだから、もう一度よく考えなさい、と締めくくられてしまいます。

私としては、思いつきで話しているわけでもなく、長年考え抜いた結果出し、一度はやり直そうと頑張ってみたものの、やはりうまくいかなかったので、今更もう一度考えたところで私の意思は変わりません。

子どもの面倒見ることについては、仕事が遅くなる時は延長保育があるし、子どもの体調が悪い時は仕事を休みますし(休める雰囲気の会社です)、どうしても無理な時は病児保育を利用しようと考えています。

お金のことはお給料と、養育費と、母子手当で何とかならないかと思っています。

これっての私の見当違いですか?親族の言うように本当にこれじゃやっていけないんでしょうか?

私はこれでやっていける!やっていく!子どもと2人だけの生活でも幸せになれる!なろう!と思ってます。

 

回答1

私は子ども2人を抱えながらシングルマザーしてきました。

シングルマザーとしてやってくことは、不可能ではないですが、現実には誰からしらの世話になります。仕事で長期出張が入れば、両親に上京してもらい子どもたちの面倒をみてもらいました。また、同級生のお家にも放課後お邪魔したりして、迷惑をかけたと思います。

行政の支援とか、理屈的な考えでは現実は回らないと思います。

私は平日同級生の家庭にご迷惑をかけた分、休みの日は近所の子どもたちを引き連れて遊びに出かけたり、塾終わりのお迎えは全員分引き受けたり、持ちつ持たれつが成り立つよう頑張っていました。

母子家庭だからってバカにされないよう、習い事など教育費はかなり投資しました。2人とも中学から私立に行かせ、大学、大学院も出ました。どんなに忙しくても子どもたちの勉強の面倒や、相談にのって、よき理解者であるよう勤めてきました。

息子が就職するときに「今まで本当にありがとう。父親がいなくても、母さんからそれ以上の愛情を持って育ててもらったから寂しくなかったよ」と言ってくれました。

その気になれば不可能なんてないです。

自分ひとりで子どもを育てると決めたなら、母子手当なんてあてにしてないで、自分で十分な財力を持つことです。全てを子どものために捧げる決意をしてください。

 

回答2

かなり手当をあてにしてらっしゃいますが、あなた1人の稼ぎではやっていけなさそうなんですか?それとも、やっていけるかいけないかギリギリのラインだとしたら、甘いと思います。お子さんの未来のためのお金はどうするつもりですか?

養育費は旦那様次第で、本当に成人するまできっちり払い続けてもらえるのかわからないし、母子手当も稼ぎ次第でもらえる額はかわりますよ。

子どもに何か起きて仕事を長期で休むことになってもクビにならないような、専門的なお仕事をされているのでしょうか?親兄弟でさえ理解してくれてないのに、会社がそこまであなた方の家庭の事情に理解を示してくれますかね?

なんだか質問文からあなたの目論見が甘いような気がしてなりません。お子さんの未来が心配になってしまいます。子どもの人生、運命を変える覚悟がありますか?子どもが思春期になった時、堂々といられますか?

そうじゃないのなら、現状、誰からも賛成されていないことだし、急いで離婚しなくてもいいのでは?

 

回答3

やっていけるかどうかは自分次第でしょう。こんな当たり前のこと質問するなんて幼稚ですよ。本当は自分でもお分かりなのでは?

実際に私も親に猛反対されたけど、何度も説得して、離婚の意志を貫き通しました。結局、最後に決めるのは自分です。

もともと、夫は単身赴任で妊娠中からずっとワンオペ育児だったので、離婚したいまも以前と何も変わっていません。保育園や行政サービスやシッターなど、いろいろなところに頼ってなんとかやっています。親は遠方なので頼っていません。離婚してからは自分の心が自由になった分、毎日楽しくはつらつと過ごしています。お金のことさえ解決していれば、なんとかなります。頼れるのはお金だけです。お金の目処がついて、それでも離婚したいならすればいいと思います。

 

回答4

母子家庭の子どもの立場で回答します。

私が幼いときに両親が離婚し、それ以来祖父母と一緒に暮らしてきました。保育園の送り迎えは祖父が、夕食は祖母が作ってくれました。母は有給も使わず、土日以外は働きづめです。一緒に夜ご飯を食べることなんてありませんでした。それでも生活は豊かになりませんでした。私は貧乏が嫌だったとかではなく、母の大変そうな姿を見てきたので、離婚しなくていいなら離婚しない方がいいと思います。


コメント